トップページ > 東京の古本屋は熱い

東京の古本屋は熱い

東京、特に神田にある古本屋は、本にかける情熱があるので、価値のある本なら、高い値を付けてくれるし、遠いところでも出張買取に出かけてくれます。今では、コミックや話題の本、CDやDVDを取り扱うポップな感じの古本屋が増えています。でも、本来古本屋というのは、「がんこじいさんの店」です。本にかける熱い情熱があり、価値ある本のためには、どんなことでもしてくれる、という人です。 

もし、価値があると思われるような本を持っているのなら、そうした古本屋に買い取りを頼むようにしましょう。今どきのポップな古本屋というのは、本が「新しいか・古いか」だけで買い取り価格を決めてしまっています。その本に価値があるかどうかは一切考えていません。買い取りの際にはマニュアルがあって、それにそって、外観のきれいさだけを見て、判断し、値を付けています。 

たとえば歴史書、哲学書、昔の漫画、古い漫画でファンやマニアの間で価値が高い本であっても、表紙が黄ばんでいたら、もう値はつきません。今どきの古本屋のモットーは、「店内を明るく・キレイに」がモットーだからです。 価値がある本を持っているのなら、昔ながらの古本屋に持っていくようにしましょう。東京だけではなく、千葉県や埼玉県、横浜、鎌倉など、近県まで出張に来てくれます。価値があると思えば、日本全国どこにでも来てくれます。「その日に来て」というお願いもアリです。大量処分の際には2tトラックを運転してでも買い取りに来てくれます。