トップページ > 書かないで売る

書かないで売る

東京には、古本屋がたくさんあるので、古本買取をするときには好条件で売りやすいです。でも、少しでも高く売るために、自分でも、本の使い方に気を付けておくと、さらに好条件で売りやすくなります。同じ時期に発刊された、全く同じ本であっても、その本の状態によって、買い取り価格が違ってきてしまうのです。ほんの少し気を付けるだけで、買い取り価格がだいぶ変わってきますから、気を付けておいた方が、ぜったいにメリットがあります。 

たとえば、絶対にやってはいけないのは、アンダーラインを引いたり、書き込みをしてしまうことです。記録を残しておくために、「これは」と思った箇所には線を引きたくなるものです。特に、レポートを書くときに、本を買わなければいけないときなどには、大切なところに線を引いておいて、あとで整理しやすくしたくなるものです。でも、あとで処分するかもしれないことを考えて、そうしたラインや書き込みはしないようにしましょう!レポートを書くときに、本を買うようなときには、後で読み返す可能性は限りなくゼロに近いです。それなら、線ではなく、付箋を付けて、その付箋に書き込むようにしましょう。本に書いてはいけません。そうした書き込みがあると、販売価格を下げなければいけなくなります。当然、買い取り価格も下げられます。 

東京には古本屋がたくさんありますが、いかに価値があっても、書き込みがあるような本を、高い値段で買いたいと思う店主は少ないものです。