トップページ > プラス・アルファ

プラス・アルファ

東京の古本屋には、古くても価値がある本なら、高く買おうという店がたくさんあります。手に入りにくい本であった場合、いかにその本が古くて、黄ばんでいようとも、高い買い取り価格で買ってくれます。手に入りにくいから、そうした本を買ってくれるわけですが、少しでも高く買うためには、そうした本についているプラス・アルファを処分しないようにしましょう。同じ年月に発売された、同じタイトルの本であっても、プラス・アルファがあるのとないのとでは、価格が違ってきます。同じような本があって、どちらを買い取ろうかと思った場合、古くて価値のある本を専門に取り扱っている本屋は、プラス・アルファがある本のほうを選びます。買い取りを頼む際も、そうしたプラス・アルファーがあると、価格の取引がしやすくなります。こちらにはプラス・アルファのものがあるから、高い立場で交渉できるのです。「お願いします、買ってください」ではなく、「どうだ、売ってやってもいいんだよ」と言えます。 

プラス・アルファというのは、例えば帯です。新刊を売る本屋に行くと、本にはぜんぶ、帯がつけられています。帯には本のあらすじや見どころが書かれていたり、その当時、有名な評論家や著名人による推薦文が書かれています。そういう帯は、本が古くなればなるほど、価値が出てくるものです。本棚にしまうときに、邪魔になりやすい帯ですが、後で売ることを考えて、帯は取っておくようにしましょう。著作全集についている「月報」というタイトルの小冊子も同じです。